不動産担保ローンによるレバレッジをきかせて投資を加速

次の不動産のための不動産担保

次の不動産のための不動産担保立地のよって借り入れが大きく変わるお金持ちになるのにリスクはつきもの

私は最近ミドルリスクミドルリターンが見込めるソーシャルレンディングという金融商品に熱視線を送っています。
仕組みはお金を必要としている事業所とお金を貸したい個人や法人をマッチングする仕組みです。
もちろんそれだけではなく、お金を借りたい側は借り入れる額に見合う担保や保証を必要としています。
担保には主に不動産となっており、変形の不動産担保ローンとも言えます。
金利は貸し付けるほうは5%から10%程度見込む事ができ、借り入れをするほうはだいたいプラス2.5%程度が相場です。
かくいう私も以前は不動産を保有していた事があり、不動産担保ローンを利用していた事があります。
その物件は、うまいこと売却に成功しましたのでローンは現在では完済していますが、保有していた頃は次の不動産などの購入資金を捻出するために自己保有の不動産を担保にお金を借り入れたものでした。
保有していた物件は都内の郊外にあって、駅から5分以内とまずまずの評価額を叩き出せる物件のため、借り入れる事ができる金額も不動産の評価額の8掛けくらいは楽に借り入れる事ができるような物件です。